空手ゆかりの地めぐり

琉球王国時代から沖縄県の設置という大きな変革期を通じて、沖縄独自の文化の多くが衰微していった。そのような逆境に対し、先人たちは空手を学校教育の中に導入していった。先人たちにとって空手は、自らが修得した技法の存続だけでなく、沖縄の歴史の中で培われてきた文化として、後世に伝えられるべき遺産と意識されるものだったかも知れない。

空手のゆかりの地を巡り、先人に思いを馳せる